世界卓球、21日開幕 張本「チャンスものに」と意欲

世界卓球、21日開幕 張本「チャンスものに」と意欲

 【ブダペスト共同】2年に1度行われる卓球の世界選手権個人戦は21日にブダペストで開幕する。20日は男女シングルスの上位16選手の組み合わせ抽選が行われ、男子シングルスで40年ぶりのメダル獲得が期待される第4シードの張本智和(木下グループ)は準決勝まで中国勢と対戦しないブロックに入り「チャンスをものにしたい」と意欲を語った。

 順当に勝ち進んだ場合、準々決勝で張本は元世界1位のティモ・ボル(ドイツ)、丹羽孝希(スヴェンソン)は第1シードの樊振東(中国)と対戦する。水谷隼(木下グループ)は世界3位の林高遠(中国)と4回戦で当たる可能性がある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索