ラグビー女子7人制、日本最下位 ワールドシリーズで12位

ラグビー女子7人制、日本最下位 ワールドシリーズで12位

 ラグビー7人制女子の国際大会、ワールドシリーズ(WS)第4戦北九州大会最終日は21日、ミクニワールドスタジアム北九州で行われ、下位チームによる順位決定戦に回った日本は最下位の12位に終わった。

 初戦のフィジー戦は後半に逆転されて17―28で敗れ、11、12位決定戦では中国の堅い防御に苦しみ、0―7で競り負けた。

 決勝はカナダがイングランドを7―5で下して優勝した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索