走り幅跳び橋岡が歴代2位で優勝 100障害木村もV、アジア陸上

走り幅跳び橋岡が歴代2位で優勝 100障害木村もV、アジア陸上

 【ドーハ共同】陸上のアジア選手権最終日は24日、ドーハで行われ、男子走り幅跳びで20歳の橋岡優輝(日大)が日本歴代2位で今季世界最高に並ぶ8メートル22を跳んで優勝した。

 1600メートルリレーの男子は日本(ウォルシュ、佐藤、伊東、若林)が3分2秒94で優勝。女子の日本(広沢、青山、武石、岩田)は3分34秒88で3位だった。女子100メートル障害は木村文子(エディオン)が13秒13で制し、青木益未(七十七銀行)が3位。男子走り高跳びは衛藤昂(味の素AGF)が2メートル29で2位、戸辺直人(JAL)が2メートル26で3位となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索