バレー、サントリーが4年ぶりV 女子は9年ぶり東レ

バレー、サントリーが4年ぶりV 女子は9年ぶり東レ

 バレーボールの全日本男女選抜大会最終日は6日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で決勝が行われ、男子はサントリーが4年ぶり8度目の頂点に立った。女子は東レが9年ぶり5度目の優勝。

 サントリーはVリーグ覇者で2連覇が懸かったパナソニックを3―1で破った。ムセルスキーの高さを武器に戦い、サーブも好調で第4セットは競り勝った。

 東レはクランと石川佑を軸に、初優勝を目指した日立をストレートで下した。

 最高殊勲選手には男子がムセルスキー、女子はクランがともに初選出された。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索