カーリングのワールドカップ(W杯)グランドファイナルは9日、北京で1次リーグが行われ、女子A組で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレの日本は米国を7―5で下した。通算1勝1敗で中国と並び、勝ち点3で2位となった。

 2―3で迎えた第5エンドに3点を入れて逆転。不利な先攻の第6エンドにも1点を加え、リードを保って逃げ切った。(共同)