相撲、二子山審判委員が休場 元大関雅山、3日目に負傷

 大相撲の二子山審判委員(41)=元大関雅山、本名竹内雅人、茨城県出身、二子山部屋=が夏場所4日目の15日、休場した。関係者によると、3日目に勝負審判を務めていた際に土俵から力士が落下して負傷したという。阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は「(負傷箇所は)足だとは思う。回復すれば戻ってくると思う」と話した。

 4日目は玉ノ井親方(元大関栃東)が代役を務めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索