バレー女子、日本が準優勝 スイスで今季初の大会

バレー女子、日本が準優勝 スイスで今季初の大会

 【モントルー(スイス)共同】バレーボール女子の国際大会、モントルー・マスターズは18日、スイスのモントルーで決勝が行われ、今季初の大会に臨んだ日本はポーランドに1―3(15―25、25―22、17―25、24―26)で敗れて準優勝だった。日本は鍋谷(デンソー)と長内(日立)がチームトップの15点を挙げたが、ポーランドの高さに屈した。

 各部門の最優秀選手にウイングスパイカーは鍋谷、リベロは小幡(JT)、セッターは関(東レ)が選ばれた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索