クライミング、五輪選考基準発表 開催国枠は複合ジャパンカップで

 日本山岳・スポーツクライミング協会は21日、来年の東京五輪代表選考基準を発表し、開催国枠を使うことになった場合は来年5月の複合ジャパンカップ(JC)で五輪出場権を得ていない選手の中での最上位者を代表に選出する。

 スポーツクライミングは五輪では東京大会で初めて実施され、スピード、ボルダリング、リードの3種目の複合で争われる。男女とも参加選手は20人で、各国・地域で最大2人。日本は開催国枠1枠を含めて最大2人となっている。

 五輪選考の指定大会の一つ、8月の世界選手権(東京都八王子市)は複合7位以内が出場権獲得の条件。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索