柔道男子、グランプリ大会へ出発 藤原「結果より内容が大事」

柔道男子、グランプリ大会へ出発 藤原「結果より内容が大事」

 柔道のグランプリ大会(24〜26日・フフホト=中国)に出場する日本代表の男子が22日、羽田空港から出発し、81キロ級で世界選手権(8月25日〜9月1日・日本武道館)代表の藤原崇太郎(日体大)は「結果より内容の方が大事。世界選手権につながる試合ができれば」と意気込んだ。

 昨年の世界選手権は2位で、頂点を狙うために担ぎ技の精度を磨いてきた。「今回の試合で出せるか分からないが、実戦で試していこうと思う」と、仕上がり具合の確認を課題に挙げた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索