競馬の日本ダービー追い切り サートゥルナーリア絶好の動き

競馬の日本ダービー追い切り サートゥルナーリア絶好の動き

 競馬の祭典、第86回日本ダービー=東京優駿=(26日・東京11R2400メートル芝、G1)の最終追い切りが22日・東西(美浦、栗東)のトレーニングセンターで行われ、無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアが栗東CW(ウッドチップ)コースで絶好の動きを見せた。

 同じ角居勝彦厩舎の古馬と併せたサートゥルナーリアは、馬なりのままゴール前であっさり抜けだし、ラスト200メートルを11秒4の時計で1馬身先着した。辻野泰之調教助手は「皐月賞よりさらにいい状態」と2冠目に自信を見せた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索