陸上、27日から日本選手権 サニ、桐生、山県が対決へ

陸上、27日から日本選手権 サニ、桐生、山県が対決へ

 陸上の日本選手権(27〜30日・博多の森陸上競技場)の出場予定選手が13日に発表され、サニブラウン・ハキームは9秒97の日本記録を出した男子100mと、200mにエントリーした。2年ぶりの2冠を狙う。100mでは前日本記録保持者の桐生祥秀、昨年覇者の山県亮太、小池祐貴らと対決する。

 大会は9〜10月の世界選手権(ドーハ)の代表選考会を兼ねる。200mには桐生、小池、飯塚翔太らも出場する。日本記録更新が期待される男子の走り幅跳びには2連覇中の橋岡優輝、走り高跳びには戸辺直人や衛藤昂がエントリー。

 男子100mは27日に予選と準決勝、28日に決勝が行われる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索