フェンシング、日本男子が3位 アジア選手権、サーブル

フェンシング、日本男子が3位 アジア選手権、サーブル

 フェンシングのアジア選手権第5日は17日、千葉ポートアリーナで団体2種目が行われ、男子サーブルの日本(吉田、ストリーツ、徳南、島村)は3位決定戦で中国を45―39で破り、銅メダルを獲得した。

 世界ランキング12位の日本はニュージーランド、クウェートを下したが、準決勝は同1位で優勝した韓国に37―45で敗れた。

 女子エペの日本(馬場、大石、吉村、佐藤)はベトナム、台湾に勝ったが、準決勝は中国に、3位決定戦で香港に敗れた。優勝は韓国。

 2020年東京五輪出場枠は来年4月までの国際大会の成績で決まり、今大会も対象となる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索