ボクシング、井岡が計量パス 京口も、19日世界戦を前に

ボクシング、井岡が計量パス 京口も、19日世界戦を前に

 ボクシング世界戦(19日・千葉市幕張メッセ)の前日計量が18日、東京都内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦で日本男子初の世界4階級制覇を目指す30歳の井岡一翔(Reason大貴)は制限体重より100グラム軽い52.0キロでパスした。

 「気持ちが充実している。口ではなくパフォーマンスで示したい。4階級制覇という形で見せたい」と語った。対戦のアストン・パリクテ(フィリピン)は52.1キロ。

 初防衛を狙う世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)はリミットより100グラム軽い48.8キロでクリア。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索