プラティニ氏拘束、W杯招致疑惑 フランスの捜査当局

プラティニ氏拘束、W杯招致疑惑 フランスの捜査当局

 【ベルリン、バルセロナ共同】フランスの捜査当局は18日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の招致疑惑を巡り、欧州サッカー連盟(UEFA)前会長で元フランス代表のミシェル・プラティニ氏を拘束し、事情聴取した。地元メディアが伝えた。当局は、容疑者として正式捜査を開始するかどうか今後判断するとみられる。

 日本や米国なども立候補した22年大会は、10年12月の国際サッカー連盟(FIFA)理事会での投票によって開催地がカタールに決まった。当局は決定過程で受託収賄などの疑いがあるとみて16年に捜査を開始した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索