ソフトボール日本がサヨナラ勝ち 米国に1-0、通算2勝1敗

 ソフトボール女子の国際親善試合、日米対抗は25日、東京ドームで最終第3戦が行われ、日本はタイブレークの末に米国に1―0でサヨナラ勝ちし、通算2勝1敗で勝ち越した。

 今大会初登板の先発の藤田(太陽誘電)が11三振を奪い、2安打完封と好投。0―0の延長八回1死三塁から森(ビックカメラ高崎)の内野安打で勝負を決めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索