なでしこ、16強で敗退 オランダに競り負ける

なでしこ、16強で敗退 オランダに競り負ける

 【レンヌ(フランス)共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会第18日は25日、レンヌなどで決勝トーナメント1回戦の2試合が行われ、日本代表「なでしこジャパン」はオランダに1―2で競り負けてベスト16で敗退した。日本が準々決勝に進めなかったのは3大会ぶり。

 日本は0―1の前半43分に好連係から長谷川(日テレ)が同点ゴール。後半は杉田(INAC神戸)のシュートがクロスバーに当たるなど再三の決定機を生かせず、終了間際に熊谷(リヨン)のハンドで与えたPKを決められた。

 もう1試合はイタリアが中国を2―0で下し1991年大会以来の8強入りを決めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索