IOC五輪改革、広域開催も容認 札幌はコンパクト計画強み

IOC五輪改革、広域開催も容認 札幌はコンパクト計画強み

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は26日まで開いた総会で、五輪開催地選定の仕組みを抜本的に改革する五輪憲章の改定に踏み切った。複数の国や地域、都市の共催を容認して広域開催にも扉を開く中、2030年冬季五輪招致を目指す札幌市は既存施設を活用して都市の中心に会場を配するコンパクトな計画が強みとなりそうだ。

 「柔軟性を認めたからといって複数都市や地域での共催をより好むわけではない。既存施設が近接していればより好ましい」。IOCのバッハ会長は既存や仮設の施設活用は歓迎しつつ、利便性や盛り上がりにつながる計画が有利との見方を示した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索