女子プロ化、準備委設置へ サッカー協会、11日理事会

 日本サッカー協会が11日の理事会で女子プロリーグ発足に向けた準備委員会立ち上げを討議することが10日、関係者の話で分かった。新リーグ設立への第一歩を踏み出すことになり、収益化の分析や参加基準の策定、チームの選定などの具体的な検討を進める。早ければ2021年の開幕を目指す。

 新リーグは女子日本代表「なでしこジャパン」の強化とともに、女性の社会進出や男女平等を理念の柱に据える。アマチュアのプレナスなでしこリーグ1部には現在10チームが参加しているが、新リーグは8チームで始動する可能性がある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索