サッカー女子プロ化で準備室設置 協会理事会で決定

 日本サッカー協会は11日、東京都内で理事会を開き、女子プロリーグ発足に向けた設立準備室の設置を決めた。プロ化への第一歩で、新リーグ設立へ具体的な検討に入る。記者会見した須原清貴専務理事は開幕時期について「東京五輪の後」と説明。関係者によると、早ければ2021年の開幕を想定している。

 新リーグは、先の女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で16強に終わった日本代表「なでしこジャパン」の強化や女子サッカーの普及を担うだけでなく、女性の社会進出やスポーツ環境における男女平等の実現も理念とした。

 現在の国内トップリーグ、プレナスなでしこリーグはアマチュア。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索