夏季ユニバ、サッカー男子決勝へ テニスダブルスは男女で銅

夏季ユニバ、サッカー男子決勝へ テニスダブルスは男女で銅

 【ナポリ(イタリア)共同】ユニバーシアード夏季大会第9日は11日、イタリアのナポリなどで行われ、サッカー男子の日本は準決勝で地元イタリアに3―3からPK戦の末、5―4で競り勝ち、決勝に進んだ。

 テニスのダブルスは、男子の伊藤雄哉(米テキサス大)島袋将(早大)組、女子の森崎可南子(橋本総業ホールディングス)佐藤南帆(慶大)組がともに準決勝で敗れ、銅だった。

 陸上は男子200メートル決勝で山下潤(筑波大)が20秒58で4位、同400メートル障害決勝で豊田将樹(法大)が49秒27で4位だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索