男子エペ、見延が史上初年間1位 フェンシング世界ランク

男子エペ、見延が史上初年間1位 フェンシング世界ランク

 【ブダペスト共同】国際フェンシング連盟は19日、男子エペの世界ランキングを更新し、32歳の見延和靖が1位を守った。エペは今季最終戦の世界選手権が終了し、日本協会によると日本勢が年間1位となるのは史上初。来年の東京五輪で活躍が期待される見延は「歴史に名を刻むことができ、誇りに思う」とコメントした。

 見延は先月、同種目の日本勢として初の1位となった。開催中の世界選手権では2回戦敗退を喫したが、昨秋から国際大会のグランプリで2勝、W杯で1勝を挙げるなど安定した成績もあり、トップを維持した。

 世界選手権で8強入りした21歳の加納虹輝は8位から5位に浮上した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索