横綱鶴竜、1敗守り単独トップ 白鵬2敗目、千秋楽に対決

横綱鶴竜、1敗守り単独トップ 白鵬2敗目、千秋楽に対決

 大相撲名古屋場所14日目(20日・ドルフィンズアリーナ)横綱鶴竜が関脇御嶽海を冷静に寄り切って1敗を守り、再び単独トップに立った。1敗で並んでいた横綱白鵬は平幕琴奨菊に寄り切られて2敗目。元大関の琴奨菊は3個目の金星獲得。

 千秋楽の横綱同士の対決で、鶴竜が白鵬に勝てば、7場所ぶり6度目の優勝が決まる。2場所ぶり43度目の制覇を狙う白鵬が勝てば、優勝決定戦に持ち込まれる。

 ただ一人2敗だった平幕照強は北勝富士に突き落とされて3敗目。

 十両は剣翔が12勝目を挙げ、初優勝を決めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索