ビーチバレー強化指定選手が暴力 試合中、チームメートに

 日本バレーボール協会の最高ランクの強化指定を受けているビーチバレーの上場雄也選手(35)=松戸レガロ=が公式戦でチームメートに暴力を振るっていたことが22日、関係者への取材で分かった。日本協会は問題を把握しているが処分せず、公表もしていない。

 関係者によると、6日のジャパンツアー第3戦沖縄大会の試合中、ペアを組む選手(22)の胸ぐらをつかむ、喉元をわしづかみにするなどした。翌7日も出場したが、手を抜いたプレーをした。

 上場選手は昨年のジャカルタ・アジア大会代表で今年の世界選手権にも出場。日本オリンピック委員会の強化指定選手でバレーボールの代表経験もある。

 日本協会は7日のプレーだけを問題視し「スポーツマンシップの精神に反した態度でプレーを行った」などとしておわびをホームページに掲載した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索