200m自由形で松元克央が銀 青木玲緒樹4位、世界水泳

200m自由形で松元克央が銀 青木玲緒樹4位、世界水泳

 【光州(韓国)共同】水泳の世界選手権第12日は23日、韓国の光州で行われ、男子200メートル自由形で松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒22の日本新記録で銀メダルを獲得した。五輪、世界選手権を通じてこの種目では日本勢初の表彰台で、今大会の日本競泳陣のメダル第1号となった。

 松元は萩野公介が2014年9月に作った記録を0秒01上回った。

 女子100メートル平泳ぎの青木玲緒樹(ミズノ)は1分6秒40で4位だった。100メートル背泳ぎで、男子は入江陵介(イトマン東進)が53秒22、女子は18歳の酒井夏海(スウィン美園)が59秒56で、いずれも6位だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索