総体、400m障害は出口が連覇 第11日、女子は津川が制する

総体、400m障害は出口が連覇 第11日、女子は津川が制する

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第11日は6日、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムなどで5競技が行われ、陸上400メートル障害の男子は出口晴翔(東福岡)が50秒57で2連覇した。女子は津川瑠衣(東京・八王子学園八王子)が58秒14で制した。

 剣道団体で男子は九州学院(熊本)が2年連続8度目の優勝。女子は中村学園女(福岡)が4連覇を達成した。個人は男子が池田龍ノ介(福岡大大濠)女子は柿元冴月(茨城・守谷)が勝った。

 ハンドボールは女子で昨年3位の明光学園(福岡)などが準々決勝に進んだ。

 ソフトボールは悪天候のため競技が中止された。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索