トライアスロン、日本は11位 世界混合リレーシリーズ東京大会

トライアスロン、日本は11位 世界混合リレーシリーズ東京大会

 トライアスロンの世界混合リレーシリーズ東京大会は18日、東京五輪テスト大会を兼ね、お台場海浜公園で行われ、高橋侑子(富士通)ニナー・ケンジ(NTT東日本・NTT西日本)井出樹里(スポーツクラブNAS)古谷純平(三井住友海上)で臨んだ日本は1時間29分6秒で11位だった。フランスが1時間26分33秒で優勝した。

 混合リレーは東京五輪で初採用される。各選手がスイム、バイク、ランを行い、女子、男子、女子、男子の順にリレー。1人が担う距離は通常レースの約5分の1で、今大会はスイム0.3キロ、バイク7.4キロ、ラン2キロだった。日本は既に五輪出場権を得ている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索