ラグビー、豪州がW杯代表を発表 3度目の世界一目指す

ラグビー、豪州がW杯代表を発表 3度目の世界一目指す

 オーストラリア・ラグビー協会は23日、9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に臨む代表メンバー31人を発表し、フランカーのフーパー主将やトップリーグの神戸製鋼に所属経験のあるCTBアシュリークーパーらが選ばれた。日本の近鉄に加入するSHゲニア、白血病を乗り越えて復帰したSOリアリーファノらも名を連ね、18人がW杯初出場となる。

 チェイカ監督は「日本のフィールドに駆けだしたときに、国民が望む高品質のプレーを届けられるように努める」と抱負を述べた。

 3度目の世界一を目指すオーストラリアは、1次リーグD組に入っている。9月21日の初戦でフィジーと対戦する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索