米男子ゴルフ、松山は66で6位 第3R、首位と9打差

米男子ゴルフ、松山は66で6位 第3R、首位と9打差

 【アトランタ共同】米男子ゴルフの今季最終戦、ツアー選手権は25日にアトランタのイーストレークGC(パー70)で第3ラウンド残りが行われ、14番からプレーした松山英樹は66と伸ばして通算6アンダーで6位となった。首位とは9打差。

 ブルックス・ケプカ(米国)が通算15アンダーで首位に立った。引き続いて最終ラウンドを実施。

 24日は悪天候で第3ラウンド中断中にコース内に落雷し、そのまま順延された。主催者によると、16番ホール近くにいた観客6人が負傷した。

 30人で争う今大会の優勝者がシーズン王者となる。前週までの結果を反映した打数差をつけてスタートした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索