巨1―2神(16日) 阪神が競り勝つ

巨1―2神(16日) 阪神が競り勝つ

 阪神が接戦を制した。一回に福留の適時打で1点を先制。1―1に追い付かれたが六回に高山が押し出し四球を選び勝ち越した。ガルシアは六回途中まで1失点で6月2日以来の3勝目。巨人は打線が3併殺打など拙攻が目立った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索