日本ハムの実松、現役引退を発表 2軍コーチ兼捕手

日本ハムの実松、現役引退を発表 2軍コーチ兼捕手

 日本ハムは17日、実松一成2軍育成コーチ兼捕手(38)が今季限りで現役を引退すると発表した。球団を通じて「21年間、いろいろな経験をさせていただいた。ファンの皆さまには感謝の思いしかない」とコメントした。

 実松は佐賀学園高から1999年にドラフト1位で日本ハムに入団し、2006年にトレードで巨人に移籍した。17年オフに自由契約となり、18年から日本ハムで2軍育成コーチ兼任としてプレーしていた。通算成績は516試合に出場して打率1割6分6厘、20本塁打、58打点だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索