宮原知子、バーケル氏にも師事 フィギュア、平昌五輪4位

宮原知子、バーケル氏にも師事 フィギュア、平昌五輪4位

 フィギュアスケート女子で2018年平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)がカナダのトロントを拠点に指導するリー・バーケル氏にも師事すると18日、マネジメント会社が発表した。バーケル氏は長年教える浜田美栄氏とともにメインコーチを務める。

 関係者によると、宮原はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の習得やこれまでも課題としてきたジャンプの向上を目指し、バーケル氏に今夏からアドバイスを受けてきた。今後は関大とトロントを拠点に練習する。

 カナダ人のバーケル氏は06年トリノ冬季五輪男子銅メダルのジェフリー・バトル(カナダ)を育て、織田信成も教えた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索