W杯、性的少数者の情報発信へ 東京・原宿の拠点を公開

W杯、性的少数者の情報発信へ 東京・原宿の拠点を公開

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開催に合わせ、性的少数者らの交流や情報発信の拠点となる「プライドハウス東京」(東京・原宿)が19日、報道陣に公開された。20日にオープンする。11月4日まで。

 拠点には、性的少数者に関する世界の絵本を集めたライブラリーを設置。同性愛者だと公表している開幕戦の主審ナイジェル・オーウェンスさんのトークイベントも計画している。

 英語で応対できるスタッフが常駐する方針で、運営組織代表の松中権さん(43)は「日本中が注目する大会。たくさんの方に訪れてもらいたい」と話した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索