錦織、右肘痛で連続欠場 楽天OPと上海大会

錦織、右肘痛で連続欠場 楽天OPと上海大会

 男子テニスで世界ランキング8位の錦織圭(日清食品)は21日、右肘の痛みのため、楽天ジャパン・オープン(9月30日開幕・東京有明テニスの森公園)とマスターズ上海大会(10月6日開幕)を欠場すると公式アプリで発表した。右肘は腫れがあって水がたまっており、3〜4週間はテニスをしないことが望ましいという。

 錦織は四大大会最終戦の全米オープンで3回戦敗退後、ツアー大会に出場していない。「(右肘のことで)全仏オープン以降悩まされてきた。100パーセントの状態ではない」とコメントした。10月14日に東京でロジャー・フェデラーと対戦予定だった慈善試合も回避する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索