米取締局、エンゼルス選手ら聴取 急逝投手の麻薬問題

米取締局、エンゼルス選手ら聴取 急逝投手の麻薬問題

 【ワシントン共同】米大リーグで7月に27歳で急逝したタイラー・スカッグス元投手が医療用麻薬を乱用していたとされる問題で、所属していたエンゼルスの現選手と元選手の少なくとも6人が米麻薬取締局(DEA)に事情聴取を受けたと15日、ロサンゼルス・タイムズ(電子版)が報じた。

 DEAの聴取を受けたのは、アンドルー・ヒーニー、トレバー・ケーヒル、ノエ・ラミレス、7月に戦力外となったマット・ハービーの各投手で、残る2人の名前は明らかになっていない。関係者によると、いずれも犯罪容疑をかけられているわけではなく、麻薬使用の実態を調査している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る