五輪の競歩に札幌駅前通の周回案 実務者会議でコース検討へ

 札幌市での開催が決まった2020年東京五輪の競歩のコースとして、JR札幌駅から市中心部の大通公園方面へのびる目抜き通りの「札幌駅前通」を周回する案が浮上していることが14日、関係者への取材で分かった。

 マラソンコースは大通公園発着で、北海道マラソンのコースをベースに北部の一部ルートを外して、市中心部を2周する案を軸に調整が進んでいる。

 競歩とマラソンのコースは18日に予定される大会組織委員会、市、道による第2回実務者会議で話し合われる見通し。組織委は12月3日からの国際オリンピック委員会(IOC)理事会までに発着点を含むコースを固めることを目指している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る