民泊の家主募集へ、東京五輪向け 米国の仲介大手エアビー

 国際オリンピック委員会(IOC)と最高位スポンサー制度「TOPプログラム」の契約を結んだ米民泊仲介大手エアビーアンドビー日本法人の田辺泰之代表取締役が19日、東京都内で記者会見し、来年の東京五輪に向けて、新たに民泊を始める家主の募集に取り組んでいくことを明らかにした。

 競技会場が集まる関東の自治体と連携し、空き部屋や使っていない家屋を持つ人に活用を呼び掛ける。田辺氏は「新たな五輪への参加方法を提案したい」と話した。民泊を巡っては騒音などによる近隣トラブルや、無許可営業などの問題が指摘されているが「業界最大手として責任を持って法令を順守していく」と述べた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る