札幌「マラソンで冬季招致へ」 市とスキー連盟などが連携確認

札幌「マラソンで冬季招致へ」 市とスキー連盟などが連携確認

 札幌市は21日、北海道スキー連盟など道内の冬季競技団体と会合を開き、「2020年東京五輪のマラソンと競歩の開催を成功させ、30年冬季五輪の招致につなげていこう」と連携していくことを確認した。

 北海道スキー連盟の勝木紀昭会長はマラソンと競歩の移転に触れ「競技団体が一致協力して成功に全力を尽くす」とあいさつ。ボランティアが不足する場合は競技団体から派遣する準備を進めていることを明らかにした。意見交換では30年大会に向け、選手の育成や施設整備の必要性が指摘された。

 市は当初、26年大会を目指していたが、北海道地震で招致活動を断念。目標を30年大会に切り替えた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る