フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は8日、米ユタ州ディアバレーでモーグル第7戦が非五輪種目のデュアルモーグル形式で行われ、男子の堀島行真(中京大)は4位だった。ミカエル・キングズベリー(カナダ)が今季5勝目、通算61勝目を挙げた。杉本幸祐は24位、松田颯は43位、四方元幾は48位。

 女子は冨高日向子(多摩大)が8位、伊藤さつきは9位、川村あんりは15位だった。ジュスティーヌ・デュフールラポワント(カナダ)が今季初勝利を挙げ、通算15勝目。星野純子は18位、伊原遥香(愛知工大)は28位。(共同)