【ラハティ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は1日、フィンランドのラハティで個人第25戦(ヒルサイズ=HS130メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)は1回目に122.5メートルで2位につけたが、2回目は122メートルで、合計250.2点の7位にとどまった。

 小林陵は残り4試合を全勝しても個人総合得点で首位のシュテファン・クラフト(オーストリア)を逆転できなくなり、総合2連覇が消えた。

 カール・ガイガー(ドイツ)が122.5メートル、130メートルの266.4点で今季4勝目、通算6勝目を挙げた。