フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は7日、ロシアのクラスノヤルスクでモーグル第10戦が非五輪種目のデュアルモーグル形式で行われ、男子は堀島行真(中京大)が11位にとどまり、2試合を残して種目別初制覇がなくなった。ミカエル・キングズベリー(カナダ)が今季7勝目となる通算63勝目を挙げ、種目別9連覇を決めた。

 女子は住吉輝紗良(日大)が7位、川村あんり(ジョックス)は8位、伊原遥香(愛知工大)は10位、星野純子(リステル)は15位だった。ペリーヌ・ラフォン(フランス)が今季8勝目、通算17勝目。(共同)