ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で2018〜19年シーズンに日本人初の個人総合王者に輝いた小林陵侑や葛西紀明(ともに土屋ホーム)らを指導したヤンネ・バータイネン氏が、母国フィンランドのヘッドコーチに復帰すると24日、国際スキー連盟の公式サイトが伝えた。

 45歳のバータイネン氏は、08年から10年までフィンランドを率いた経験がある。11年4月に土屋ホームのコーチに就任して小林陵らを育て、18〜19年シーズン限りで退任していた。(共同)