フランス伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は18日、ルマンのサルテ・サーキットで予選が行われ、3連覇を狙うトヨタ勢は小林可夢偉の7号車が3分15秒267でポールポジション(PP)を獲得した。トヨタのPP獲得は4年連続6度目。中嶋一貴の8号車は3番手につけた。決勝は19日午後2時半(日本時間同9時半)にスタートする。

 レースは6月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期され、無観客で実施される。(共同)