東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、競技運営で国際的な調整役となるスポーツディレクターに、シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)五輪銅メダリストの小谷実可子さん(54)が就任すると発表した。スポーツ庁長官に就く室伏広治氏の後任で、就任は10月1日付。

 新型コロナウイルス感染症の拡大で延期となった大会の開催に向け「かつてない苦難を乗り越え、新しい形の大会でアスリートの皆さんが最高のパフォーマンスを発揮できるよう力を尽くす」とコメントした。

 小谷さんは英語が堪能で東京大会の招致活動にも尽力した。