中央競馬の騎手としてオークスを5勝した嶋田功さん(74)が東京都内で死去していたことが19日、関係者への取材で分かった。関係者によると、嶋田さんは19日午前、東京都港区内で亡くなっているのが見つかった。現場の状況から自殺とみられ、警視庁が調べている。

 嶋田さんは北海道出身。1973年の日本ダービーで9番人気のタケホープに騎乗し、圧倒的人気だったハイセイコーに勝った。騎手引退後は調教師としても活躍した。

 厚生労働省のホームページ「まもろうよ こころ」では、こころの健康相談統一ダイヤルなどの連絡先を掲載している。