国際体操連盟(FIG)は31日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定された内村航平選手(リンガーハット)が三つの病院での再検査で全て陰性だったと発表した。内村選手が日本代表に選ばれている11月8日の国際大会の医師団は前回の結果が「偽陽性」だったと結論付けた。保健所に対する陽性の届け出も取り下げた。

 FIGが4カ国を集めて開催する国際大会の日本代表男女計8選手は、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で21日から強化合宿に入っていた。他の7選手やスタッフも再検査して陰性だった。日本代表は大会に向けた調整を再開する見込み。