巨人にフリーエージェント(FA)でDeNAから加入した井納翔一投手が18日、川崎市のジャイアンツ球場で今年初めて投球練習を行った。東京ドームと同じ仕様のブルペンで15球程度を投げ「初日にしては思ったより良かった。ホームで投げていくマウンド。体の使い方も合うようなフォームにしないといけない」と意欲的に話した。

 4年ぶりの規定投球回到達をまずは目標に掲げる。35歳になる年に新天地での挑戦を選び「ルーキーの時のような不安もあり楽しみもある。それをずっと覚えておくのはなかなか難しいかもしれないが、少しでも忘れずにやっていきたい」と表情を引き締めた。