【ジュネーブ共同】男子テニスのABN・AMROワールドは5日、オランダのロッテルダムで行われ、シングルス準々決勝で世界ランキング45位の錦織圭(日清食品)は同26位のボルナ・チョリッチ(クロアチア)に6―7、6―7で敗れ、2019年4月のバルセロナ・オープン以来、2シーズンぶりの4強入りはならなかった。

 両セットともタイブレークにもつれたが、勝負どころで競り負けた。