阪神は4番の大山が四回に左越えにソロ本塁打。先発枠入りを狙う伊藤将が3回1失点、中継ぎの石井大が1回無失点と両新人が好投した。ソフトバンクは高橋礼が5回2失点。2本のソロ本塁打を許すも、テンポの良さが目立った。