スポーツクライミングで東京五輪女子代表の2人が、ワールドカップ(W杯)今季開幕戦(16、17日・スイス)への出発前日の13日、オンラインで記者会見し、野口啓代(TEAM au)は「W杯は1年半ぶりなので不安な気持ちもあるけど、それ以上に楽しんで来ようと思っている」と久々の国際大会に向けて意気込んだ。

 新型コロナウイルス禍で昨年はW杯への出場がなかった。ボルダリングを実施する開幕戦へ、野中生萌(XFLAG)は「(国際)大会がすごく恋しかった。国内での課題(コース)しか触っていないので(海外での)傾向を知りたい」と狙いを語った。