【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、東京五輪開幕まで100日となった14日、世界各国・地域の参加選手に向けて「7月23日に(開会式会場の)東京・国立競技場で待っています」と呼び掛けた。IOC公式サイトが伝えた。新型コロナウイルス感染拡大で開催への懐疑論が根強い中、大会実現を改めて強調した。

 フェンシングで五輪金メダリストのバッハ氏は「本当のカウントダウンが始まった。わずか100日。自らの経験で分かっているが、最後の準備が非常に重要だ」と述べた。5月中旬には広島県での聖火リレーに合わせて来日する予定。